式の計画を建てる

花の香り

日本における伝統的な婚礼のスタイルは、自宅に両家の親族が集まって執り行われるのが基本でした。
その後、20世紀の半ばごろからは住宅事情などもあって専門の結婚式場やシティホテルなどを会場とすることが多くなりました。
しかし現在ではさらに選択肢が広がって、リゾート、レストラン、ゲストハウスなど多種多様な場所が結婚式の場所として利用されるようになっています。
こうした風潮に伴って注目されるようになってきたのが、ウェディングプランナーという仕事です。
ウェディングプランナーは新郎新婦の希望にピッタリの会場を探し出し、貸し切りなどの交渉を行うほか、料理やアトラクションの手配、式当日の進行管理などを行う職業です。
ウェディングプランナーは主にホテルのウェディング部門や専門のプランニング会社などに所属し、仕事をしています。
特別な資格などは必要ありませんが、専門学校などで知識を身につけてから就職するケースが一般的です。
そうした専門学校の中には、ウェディングプランナーの民間資格を取得できるところもあります。

専門学校選び

ここ数年で挙式や結婚式の様式が大きく変わり、昔の慣習にとらわれない個性あふれるスタイルを希望するカップルが増えてきました。
それに伴いカップルの希望に沿ったさまざまなプランを提案できるウェディングプランナーと呼ばれる職業が注目を集めています。
挙式から披露宴までの構成を組み立てていく仕事です。
ウェディングプランナーと一緒に打ち合わせした内容が形となるのは、挙式披露宴の当日。
それまでは机上での打ち合わせとなります。
一生一度の人生の晴れ舞台のお手伝いという華やかで感動あふれる職業ですが、失敗は許されないという重責も背負わなければなりません。
そのため、プランナーを育成する専門学校があり、知識や提案力、接客接遇などについて学びます。
個性的な披露宴であればあるほど、プランナーの発想力や企画力が大切となります。
新郎新婦はもちろんのこと、幅広い年齢層の招待客にも良い披露宴だったと喜ばれるプランを提案することが求められます。
また、招待状作成や席次作成などの細かい配慮を必要とするアドバイスの知識や引き出物の選び方など、打ち合わせ内容は多岐にわたります。
昔からの言い伝えや風習、また地方特有の慣習などもありますので、それらに対応できる幅広い知識を専門学校で身につける必要があります。
新郎新婦だけでなく、お二人を取り巻く環境も含め、総合的なプロデュースをすることがウェディングプランナーの仕事です。
働きながらかようことが可能な専門学校や現場実習などが可能な専門学校があります。

オススメリンク

手紙を添える

サービスの種類

ウェディングのプランナーは結婚する人たちのために良い式になるように裏方をするような仕事である。
だから主役は結婚する2人なのである。
2人を可能な限り目立たせなければならない。
どうやって2人を目立たせられるかというと、やはり勉強しなけらばならないものだろう。
Read more

関連リンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031